読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋谷で働くガリデブ社長ブログ

渋谷にあるBranding Engineer代表河端、高原のブログです。共同代表の河端・高原が書いています。

フリーランスエンジニアとIT企業技術者の年収

高原

こんちは!

高原です。

 

BEではMidWorksというフリーランスという形態に
社員と同じような保証をつけたサービスを提供していて、
これまでもそうではありましたが、
これからも一層「フリーランス」に注目が集まると考えています。

 

今回は年収を見てみましょう。

 

f:id:b-engineer:20160520030719p:plain

(IT人材白書2016)

上のグラフがフリーランス、下のグラフがIT企業に勤めるエンジニアの年収情報。

30代以下を見ると、企業に勤めるエンジニアより、フリーランスとして働いているエンジニアのほうが、年収1000万の割合が高くなっています。

これは年功序列の企業文化の影響を受けず、能力が収入に直結するフリーランスという形態であるため、このような違いが起こってます。年功序列であるため、企業IT技術者は年代が増すほど年収700万円以上の割合が高くなっていますね。

逆にフリーランスは年代別の変化が小さい。また、仕事量を自分で調整できるため、企業ITエンジニアよりも、300未満の割合が高くなっています。

 

フリーランスへの転向を考えている方で、案件獲得の不安定さに不安がある方は、ぜひMidWorksをご活用してみてください!

 

次回は「フリーランスの顧客獲得」についてです!