読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋谷で働くガリデブ社長ブログ

渋谷にあるBranding Engineer代表河端、高原のブログです。共同代表の河端・高原が書いています。

面接では「評価してもらいたいポイント」を用意しよう

河端

こんにちは!

BEのやすです。

 

今日は京都から配信してます。

就活イベントに主催者側で出ているので、

京都にお住まいの就活生は是非声かけてください!

 

 

最近、より就活生とみっちり接してきているので、

ここで面接の話をしたいと思います!

 

就活の面接を何社も受けていると、

なかなか100社中100社受かるなんて人は少ないと思います。

 

面接して多少自分を大きく魅力的に見せるのは

ひとつのポイントですが、

同時におきたいポイントを話しますね。

 

それはずばり、

「面接の時は『評価してもらいたいポイント』を用意しよう!」、です!

 

 

 

志望して入社したあとに、他の企業へ転職する方たちは一定数います。

転職理由では「評価への不満」というものが大きな理由の1つです。

 

該当するものは「給与への不満」「評価方法への不満」といった点になります。

就活生でもこのような現状を知っておくのは

企業選びにプラスに働くので

よかったら DODAの調査結果を御覧ください!

https://doda.jp/guide/reason/

 

 

「俺はこんなに働いたのに、なんでこれしか評価されないんだ」

というのは働いていると感じることがあるかもしれません。

それが大きくなると転職を考え始めるんですけど、

 

「評価されない」と感じる原因は

「社員が評価してほしいポイント」と「人事が評価するポイント」

にズレが生じてしまってることにあります!

 

「評価されない」というのは結構苦痛なので、

「自分の評価してほしいポイント」と「人事が評価するポイント」

には気をつけたいですね!

 

 

内定を貰えるまで、何度か面接やディスカッションの中で

「評価」されるので、

 

そこでは「企業が評価するポイント」に

自分を合わせようとしすぎるのではなく、

「自分の評価してもらいたいポイント」を出していって

それを「合格」という形で評価してくれる企業を選ぶといいですよ!

 

働きがいという1つに、評価されて嬉しい、

っていう気持ちはバイトなどからでも感じていると思うので、

ぜひ意識してみてください!

 

 

面接以外の不満もある人もいるかもしれないですね。

個人でも学生面談や相談に乗ってたりするので、

是非Twitterでメッセ送ってください!

 

アカウントはこちら↓

twitter.com