読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋谷で働くガリデブ社長ブログ

渋谷にあるBranding Engineer代表河端、高原のブログです。共同代表の河端・高原が書いています。

転職理由の上位に「給料が低い」があるのに、面接では「給料を上げたいから」と言えないのはおかしい

高原

こんにちは!高原です。

 

今回は「転職理由の本音と建前」について書いていきます。

 

転職理由のランキングが毎年発表されていて、

上位には必ず「給料が低いから」があります。

 

給料って

  • 家族を養うため
  • 遊ぶため
  • 美味しいものを食べたいため
  • 趣味に費やすため
  • 旅行したいため
  • 生活するため

などなど、沢山の理由から給料が必要になりますよね。

 

2015年の転職理由ランキング(DODA)によれば

第3位が「給与に不満がある」と出ています。

 

それでありながら

「給与の話はなるべくしない」ような無言の圧力といいますか、

暗黙のルールみたいなのが日本社会にはあります。

 

 

でも転職する本当の理由は「給料をあげたいから」。

 

 

この本音を言い難い空気を作ってしまう企業は

結構まずいですよね。でも多いのが現状です。

 

企業側としては「あ、この人は給与が高ければどこだっていいんだ」と

思ってしまうのかもしれませんが、

本人にしてみれば、同じ一生懸命で20万円なのか30万円なのかは

大きく違って見えます。当然。

 

本人が他の企業から、より良い待遇で迎えられて転職するのであれば

「企業側に、その人が評価される環境を用意できなかった」

または「企業の評価が低かった」ということになります。

それは企業の責任。

 

 

その責任と緊張感を持って社員を評価できるかが

企業としての力になっていくのです。

 

雇用する立場で見れば、

建前だけの転職理由だけ聞くよりは

社員の本音を聞いて、モチベーションのいどころを把握していたほうが、

企業として最大のパフォーマンスを発揮できます。

 

BE=Branding Engineerという名前も

同じような気持ちから名付けられました。

 

 

Q:転職の理由はなんですか?

A:給料を上げたいからです。

もちろんこの後に、その給料を与えられるべき力量を示すことや、

給料だけでなく、その企業が良いという理由付を行えることが重要です。

 

採用側も、転職者側も建前を脱いで裸になりましょう!